レオス・カラックス監督作品 ホーリー・モーターズについて


こんにちは。amazonプライムで観ました。以前から観たかった作品でした。他の方の感想も読みました。冒頭のレオス・カラックスカメオ出演している場面を訳あって何度か観ました。理由は単純に画面が暗すぎたからなのですが、そのおかげでかなり細かい部分を観ることができました。

原作矢立肇・富野由悠季 監督古橋一浩 機動戦士ガンダムUCについて Based on Hajime Yatate and Yoshiyuki Tomino, directed by Kazuhiro Furuhashi, about Mobile Suit Gundam UC


こんにちは。僕は機動戦士ガンダムシリーズを熱心に追いかけている所謂ファンではないのですが、例外的にこの「機動戦士ガンダムUC」(2010)だけは観ています。好きになったきっかけは、中学生の時にバスで流れていたのを観たからでした。観た瞬間まず、絵の綺麗さに心を掴まれました。話はかなり難しいです。今観ると主人公のバナージ・リンクスの動機にはかなりメタ的な印象を受けます。何かを求めて無気力に生きていた男の子の所に、突然現れる女の子がいきなり戦争、という飛躍した大状況を持ち込む展開は、主人公が主人公であるための理由付けの最たるものになっています。書いていて訳がわかりませんが、何故こんなことを思ったのかというと、その女の子、ミネバ・ザビが空から落ちてくるシーンで、主人公はなにかの予感を感じ空を見上げます。次のシーンで「やばいだろ、あれ」と助けに行くのですが、しかしその空を見上げるシーンでは何も描かれていません。これは主人公がニュータイプ、という伏線でもあると思いますが、普通に考えると変なシーンです。つまりこの主人公は自らの運命を予め知っていて行動しているように感じました。ユニコーンガンダムに辿り着くシーンでも、特に何という説明もなく主人公は導かれるようにユニコーンガンダムを見つけます。これは言ってしまえば、物語における都合の良い展開で、単純で安易な発想にも感じますが、この「機動戦士ガンダムUC」の話自体がラプラスの匣という映画におけるマクガフィン、という技法を使っていたり、作画、構成ともにかなり綿密に作り込まれている本作で、何故敢えてこのようなことをしたのか考えてみるとそういうことなのかな、と思いました。あとメカニックデザインが素晴らしいです。ユニコーンの一角が割れてガンダムに変身するアイデアはやっぱり格好良いです。

最近考えていること What I'm thinking about recently


こんにちは。最近マックスむらいの昔の動画をを久しぶりに見て、懐かしくて一時ハマっていました。改めてマックスむらい、という現象は何だったのか、こんなタイトルの本が出版されそうですが、多くの人が指摘するようにただ単純にパズル&ドラゴンズ、というスマホゲームの人気に肖っただけだったのでしょうか。僕は一番勢いがあった2014年くらいに例に漏れず、マックスむらいも見ていましたし、パズル&ドラゴンズも恐らく人生の内で一番時間を使ったゲームだと言って良いくらい遊んでいました。当時はスタミナが10分に1回復の時代でしたが、本当にスタミナを一つでも無駄にせず、ランクが上がって全回復する前は、出来るだけスタミナを使い切ってからランクを上げたりしていました。マックスむらいを見出したのも、やはりパズル&ドラゴンズ繋がりだったと記憶しています。何が良かったのか、今考えると社長なのにゲームをしているそのギャップと、和気あいあいとした会社の雰囲気とで若い人は無意識にこういう会社なら楽しく働けるのではないか、というような希望を持ったのだと思います。社会人になった今見ると、色々見方が変わって例えば動画の後ろで働いている普通の社員の人の気持ちが少し分かったりします。

hello. Recently, I watched an old video of Max Murai for the first time in a while, and I was addicted to it for a while. It seems that a book with such a title will be published again, what was the phenomenon of Max Murai, but as many people point out, it was simply popular with the smartphone game Puzzle & Dragons. Is it?I was watching Max Murai like 2014 when I had the most momentum, and I played Puzzle & Dragons as probably the most time-consuming game in my life. I was there. At that time, it was an era when stamina recovered once every 10 minutes, but I didn't really waste even one stamina, and before the rank went up and I fully recovered, I used up as much stamina as possible before raising the rank. I remember discovering Max Murai because of the Puzzle & Dragons connection. When I think about what was good, I had the hope that young people would unknowingly be able to work happily in such a company because of the gap in playing games even though they are the president and the friendly atmosphere of the company. I think it is. Now that I'm a member of society, my perspectives change and I can understand the feelings of ordinary employees working behind the video, for example.

そしてその流れでR藤本チャンネルにハマりました。一番面白いのは人造人間18号の英語レッスンの動画です。英語を丁度勉強したかったので、一石二鳥です。

And with that flow, I fell in love with the R Fujimoto channel. The most interesting is the video of Android No. 18 English lesson. He is two birds with one stone because he just wanted to study English.

中田秀夫監督作品 仄暗い水の底からについて Directed by Hideo Nakata About Dark Water


こんにちは。久しぶりに観返しました。というか最近TSUTAYAに行くのを止めて、家にあるDVDを主に観ているのですが、これは前に観た時よりもかなり面白く感じました。中田秀夫は「劇場霊」(2015)とか「貞子」(2019)とかを観て、あまり好きではなくなりましたが、初期はそれこそ「女優霊」(1996)とか「リング」(1998)とか後にJホラーと呼ばれる走りのような作品を作っていた監督だったので、最近の作品が少し残念です。この映画で効果的に働いているのは雨の日のじめっとした陰鬱な雰囲気をフィルムに定着させていることです。ホラー作品では主に夜とか闇とかを使って恐怖を演出しますが、この映画が他の作品と違うところは、雨の日の何となく憂鬱な雰囲気を全体に漂わせることで恐怖の中に物悲しさがあることです。そこが非常に優れています。話はホラーによくあるネグレクトを扱っていますが、ホラーを作るにあたって幽霊となる存在が怨みを残して死ぬ、ということを考えるときに社会的なテーマと絡めやすいので、大体家庭内暴力とか差別とかのテーマに集中してしまいます。僕が気になったのは、舞台となるマンションが明らかにセットっぽい感じで撮られていたところです。意識しているかどうか分かりませんが、映像が小津安二郎を意識しているような感じもしました。

hello. I looked back after a long time. I mean, I recently stopped going to TSUTAYA and mainly watched DVDs at home, which I found to be much more interesting than when I watched it before.Hideo Nakata didn't like it much after seeing "Ghost Theater" (2015) and "Sadako" (2019), but in the early days it was "Don't Look Up" (1996) and "Ring" (1998). I'm a little disappointed with my recent work because I was the director who made a running-like work called J Horror. What works effectively in this film is to establish a damp and gloomy atmosphere on the film on a rainy day.In horror films, the night and darkness are mainly used to create horror, but what makes this movie different from other films is that it makes you feel sad in the horror because it has a somewhat melancholy atmosphere on a rainy day. There is a thing. That is very good.The story deals with the neglect that is common in horror, but when you think about the fact that a ghost person dies with grudge in making horror, it is easy to get involved with social themes, so it is mostly domestic violence or discrimination. I will concentrate on the theme of. What I was interested in was that the condominium that was the stage was clearly shot like a set. I don't know if I'm conscious of it, but I felt that the video was conscious of Yasujiro Ozu.

2022 0619
この映画は改めて観返して、かなり好きな作品だと気づきました。中田秀夫の最高傑作だと思います。前半のゆったりとしたテンポから後半にかけて見せ場であるシーンが怒涛の如く押し寄せます。エレベーターから水があふれ出るシーンはスタンリー・キューブリックの「シャイニング」(1980)の血の洪水のオマージュだと思います。序盤のエレベーターで娘と思って握った手が終盤の娘の取違いの伏線になっているのも綺麗な構成です。この映画では主人公の職業が小説の校閲という特殊なものになっています。これは時々挟まる、セピア色の回想のようなシーンの理由づけになっていると思われます。つまりこの映画自体全てこのヒステリックな母親の妄想かもしれない、という可能性を提示している訳です。もっと深読みすれば、主人公自身幼い頃に母親に置き去りにされた過去を持っていることから、虐待の連鎖で娘に虐待していることから逃避するために作り出した幻覚が、河合美津子という幼い時の自分の分身である、ともいえるかもしれません。ラストがあまりにもあっさり終わり過ぎていて、それだけが不満ですが、それ以外はかなり完成度の高い映画だと思いました。

Looking back at this movie, I realized that it was my favorite movie. I think it is Hideo Nakata's masterpiece. From the slow tempo of the first half to the second half, the scenes that are the highlights rush like a rage. I think the scene where water overflows from the elevator is a homage to the blood flood of Stanley Kubrick's "The Shining" (1980). It is also a beautiful composition that the hand that I thought to be a daughter in the elevator at the beginning is a hint of a misunderstanding of the daughter at the end. In this movie, the profession of the main character is a special one called proofreading a novel. This seems to be the reason for the occasional sepia-colored recollection of the scene. In other words, the movie itself offers the possibility that it may be the delusion of this hysterical mother.If you read more deeply, the hero himself has a past left behind by his mother when he was young, so the hallucination created to escape from being abused by his daughter in a chain of abuse is a young child named Mitsuko Kawai. It may be said that it is my alter ego of time. The last was too easy and I was dissatisfied with it, but other than that, I thought it was a very complete movie.

最近考えていること What I'm thinking about recently


こんにちは。六月も半ばに入りました。漫画は全然進捗していません。日々悶々と過ごしながら、しかし何もできない無力感を味わっています。こういう時は待つしかありません。何故か最近宮崎駿の「出発点」(1996)で読んだ、「あの頃僕たちは自分たちの仕事に満足していなかった」という言葉が凄く胸に去来しています。前にも書きましたが、昔の攘夷志士も檄文とかを仲間内で回して気持ちを鼓舞させていたらしいので、映画とか漫画に関しての文章を読むことで僕もモチベーションを保とうとしています。

hello. June has also entered the middle. The manga hasn't made any progress. While spending time in agony every day, I feel helpless that I can't do anything. There is no choice but to wait in such a case. For some reason, the phrase "We were not satisfied with our work at that time", which I recently read in Hayao Miyazaki's "Starting Point" (1996), has come to my heart.As I wrote before, it seems that the old Sonno Joi also used to inspire his feelings by turning the texts among his friends, so I am trying to keep my motivation by reading the texts about movies and manga.

レコードプレーヤーが来て、レコードを何枚か聴きました。音の良し悪しは正直分かりません。しかしレコードが回って音が出ているのを見るのが、単純に面白いですし、ディスクジョッキーのように、スクラッチさせて音が歪んだりするのも楽しいです。最近北野武の映画を観てかなり衝撃を受けました。その関連で黒沢清北野武の映画の類似性についてインターネットで検索していると、偽日記@、というブログを見つけました。やっぱり他人のブログを読むのは楽しいです。

A record player came and listened to some records. I honestly don't know if the sound is good or bad. But it's simply fun to see the records spinning and making sounds, and it's also fun to scratch and distort the sound, like a disc jockey. I was quite shocked to see Takeshi Kitano's movie recently.When I searched the Internet for the similarities between Kiyoshi Kurosawa and Takeshi Kitano's movies, I found a blog called Fake Diary @. After all it is fun to read other people's blogs.

北野武監督作品 3-4X10月について Directed by Takeshi Kitano About Boiling Point


こんにちは。北野武作品は僕の世代だと、「アウトレイジ」(2010)のイメージが強いです。なので僕はフランシス・フォード・コッポラの「ゴッドファーザー」(1972)のような整然とした映画を作る人だと思いこんでいたため、何気なくYouTubeで今作を観始めてかなり衝撃を受けました。この映画は調べてみると北野武作品の中でも異色に入る部類らしく、変ですがそれで少し安心しました。ファーストカットの闇に浮かぶ柳ユーレイからこの映画が普通の映画では無いことを予感させます。しかしそこから淡々と野球のシーンが続きます。僕はバットを振るカットが映るたびに、バットで誰かの頭が殴られないか心配するほど、不穏な雰囲気が漂いながら話は進みます。主人公は少し知恵遅れなのか、または芸名がユーレイなので幽霊とかけているのか、作中では無口で透明な存在です。北野武なのでその可能性は大きい気がします。また主人公の恋人役の石田ゆり子も無口で透明な存在です。省略の文脈は北野映画の持ち味だと勝手に思っているのですが、この映画では特に顕著です。構図もとても芸術的で、レオス・カラックスの映画に似ています。北野武自身、途中から登場しますが、女性に対する振る舞いや、黒人差別のような描写、ホモセクシャルっぽい表現など、様々なタブーの化身のような男です。殴り込みに行く前に花畑に行きますが、その前にフラッシュバックのような演出が入ります。ここは「CURE」(1997)にも同じような演出がありました。

hello. Takeshi Kitano's work has a strong image of "outrage" (2010) in my generation. So I thought I was the one who made an orderly movie like Francis Ford Coppola's "The Godfather" (1972), so I was pretty shocked when I casually started watching this movie on YouTube.When I looked it up, this movie seemed to be one of the unique works of Takeshi Kitano, and although it was strange, I was a little relieved. Yurei Yanagi in the darkness of the first cut makes us feel that this movie is not an ordinary movie. However, the baseball scene continues from there. Every time I see a cut that swings the bat, the story goes on with a disturbing atmosphere that makes me worried that someone's head will be hit with the bat.Whether the main character is a little late in wisdom, or because the stage name is Urey, he is calling a ghost, he is a reticent and transparent existence in the work. Takeshi Kitano, so I think that possibility is great. Yuriko Ishida, who plays the role of the hero's lover, is also silent and transparent. I think that the context of omission is a characteristic of Kitano movies, but it is especially noticeable in this movie. The composition is also very artistic, similar to the Leos Carax movie.Takeshi Kitano himself appears from the middle, but he is a man like an incarnation of various taboos, such as behavior toward women, depictions like black discrimination, and homosexual expressions. He goes to the flower garden before going to hit, but before that there is a flashback-like staging. There was a similar production here in "CURE" (1997).

2022 0613
この映画は「その男、凶暴につき」(1989)の次に撮られた北野武としては二本目の映画です。「その男、凶暴につき」はどちらかというと、エンターテインメントに寄せているのですが、この「3-4X10月」(1990)では完全に芸術に寄せています。映画後半の沖縄で、浜辺でキャッチボールをしているときに、同じショットでカットをする、人物が画面内で瞬間移動する割と禁じ手みたいな手法が使われていました。北野映画はもう少し観てみます。YouTubeで「あの夏、いちばん静かな海」(1991)を少し観ました。

This movie is the second movie for Takeshi Kitano, which was shot after "Violent Cop" (1989). "Violent Cop" is more focused on entertainment, but in this "Boiling point" (1990), it is completely focused on art. In Okinawa in the latter half of the movie, when playing catch on the beach, a technique like a forbidden person was used to make a cut with the same shot, while the person teleports on the screen. Kitano I'll watch the movie a little more. I watched "A Scene at the Sea, the Quietest Sea" (1991) on YouTube.

ジョナサン・デミ監督作品 羊たちの沈黙について Directed by Jonathan Demme About The Silence of the Lambs


こんにちは。ずっと前に観たきりで、久しぶりに観ました。ファーストカットでランニングしているクラリスジョディ・フォスター)が
汗が染みた服で登場します。劇中何度も男の視線と、それに対峙するクラリスという構図が出てきますが、このファーストカットからクラリスの異性に対する性的な印象を示唆しています。僕は監督のジョナサン・デミの作品を初めて観たので、他にどういう作品を作っているか分かりませんが、この映画では寄りの映像が多く、あまり映画的なショットは無いのですが、それに余りあるハンニバル・レクターアンソニー・ホプキンス)の怪演があります。黒沢清の「cure」(1997)は本作の影響を公言していますが、ラストの街に放たれるレクターというその後の展開を匂わせる終わり方も似ています。

hello. I only saw it a long time ago, and I saw it for the first time in a long time. Claris (Jodie Foster) running in the first cut
Appears in sweaty clothes. Many times in the play, a man's line of sight and the composition of Claris confronting it appear, but this first cut suggests a sexual impression of Claris on the opposite sex.I saw the director Jonathan Demme's work for the first time, so I don't know what other works I'm making, but in this movie there are a lot of close-up images and there aren't many cinematic shots, but it's too much. There is a phantom performance by a Hannibal Lecter (Anthony Hopkins).Kiyoshi Kurosawa's "cure" (1997) professes the influence of this work, but the ending that makes us feel the subsequent development of Rector released in the last city is similar.