リチャード・ドナー監督作品 オーメンについて Directed by Richard Donner About Omen

こんにちは。以前一度観たことがあります。始まり方がホラー映画として理想的なこんなに幸せな家族が、という展開です。この「オーメン」(1976)のストーリーはその後のホラー映画のスタンダードになっていると思います。それまでにもこういった形式の映画はあったのかも知れませんが、つまりなにか災厄がありそれにより人間が死んでいく、その死んでいき方を如何にショッキングにまた面白く見せるか、という映画です。スプラッター映画とかはそれの極北ですが、大体のホラー映画というのはそういうフォーマットに則って作られています。ウィキペディアに詳しく書かれていますが、この映画には曰くがあり、どこまで本当か知りませんが、悪魔の数字とかは日本で言うところの四谷怪談とかに近い感じなのでしょうか。誰かの感想にもありましたが、最初の犠牲者のベビーシッターが一番狂っていて恐かったです。

hello. I have seen it once before. Such a happy family, which is ideal for a horror movie, is the way it starts. I think the story of "The Omen" (1976) has become the standard for subsequent horror films. There may have been movies in this format before, but in other words, a movie about how people die due to some kind of disaster, and how to show how to die in a shocking and interesting way. is.Splatter movies are the extreme north of that, but most horror movies are made according to that format. It's written in detail on Wikipedia, but there's a story about this movie, and I don't know how far it's true, but I wonder if the devil's number is similar to the Yotsuya ghost story in Japan. As someone else said, the first victim's babysitter was the craziest and scariest.