最近考えていること What I've been thinking lately

f:id:okabayashisoma:20220220174414j:plain

こんにちは。何故か漫画の制作が動き出しました。嬉しいのですが、自分のやる気スイッチが良く分からなくなっています。前回も12月の同じくらいの日付で漫画を猛烈に描いていたことを考えると、2ヶ月周期で来る波があるようです。最近は映画を全然観なくなりました。恐らく自分の中で何かが終わったのだと思います。勿論観たい映画はいくつかあります。テオ・アンゲロプロスの作品や、ロマン・ポランスキーの「ゴーストライター」(2010)とか観たいのですが、もう新しい映画を探す野心は無くなりました。代わりに音楽は結構真面目に聴いています。前にも書きましたがCANの音楽がようやく分かりました。どうやらドイツの前衛的なクラウトロックというジャンルに当たる音楽みたいですね。ボーカルが日本人ということもあり日本では何度かブームがきているらしいです。CANの音楽は坂本慎太郎も言っている通り、プリミティブで全体的に熱を押し殺したような音が特徴的です。クラウトロックの特徴でもある反復する音が延々と聴き手と距離を保って響きます。距離がある、というのは前衛的でもあり、原始的でもあり、革新的でもあり、退屈な音楽でもあるということです。

 

Hello. For some reason, the production of manga started to move. I'm happy, but I don't know my motivation switch well. Considering that I was fiercely drawing manga on the same date as December last time, there seems to be a wave that comes every two months. I haven't watched any movies lately. I think something is probably over in me. Of course, there are some movies I want to watch. I'd like to watch Theo Angelopoulos' works and Roman Polanski's "Ghostwriter" (2010), but I don't have any ambition to find a new movie anymore. Instead, I listen to music quite seriously. As I wrote before, I finally understood the music of CAN. Apparently, it's music that corresponds to the genre of German avant-garde kraut rock. It seems that there are several booms in Japan because the vocals are Japanese. As Shintaro Sakamoto says, CAN's music is characterized by a primitive sound that suppresses heat overall. The repeated sound, which is also a characteristic of Kraut Rock, echoes endlessly from the listener. Being distance means that it is both avant-garde, primitive, innovative, and boring music.